私の届かぬあなたへ

横アリ入る前に書いておきたかった、やっぱり降りられないなって思った話。
相変わらず1日ごとに感情が変わる。

 

アクネスの提供動画を見ました。
すのーまんは変わらないなって思った、し、
翔太くん以上にしっくりくる人なんてもう現れないなーって思った。
まあ8年見てればそれはそうだと思う、歌もダンスもトークも。
少し前にツイッターで流れてきた「アイドルのファンは他人の人生を無責任に見せてもらっている」(ニュアンス)っていうのが結構印象に残ってて…
この8年間、翔太くんはずっと私の毎日を彩ってくれて、いろんな感情をくれたなって思ったの
この前2011年からのカメラロール遡ってたんだけどもうほんとにわたしの人生、渡辺翔太とともにって感じなの!!笑
翔太くんのファンでいられて私は幸せ者ですって去年手紙に書いたんだけど、もうそれに尽きるんだほんと
良いことも悪いこともたくさんあったけど、こんなことでそれを手放したくないと思った
もうただの意地じゃんって自分でも思うけど、意地だろうが義理だろうが好きなんだからそれでよくない?
私はいつも考えすぎなんだわ、何事も

 

まあ戻れるものなら6人に戻ってほしいけど…
でもこの前のROTのジーコの「もう今更戻れない」って言葉にはっとしたの
ジーコだってきっといろんなものを手放してすのーまんに入ったんだよね、芸能人として大阪から東京に来るって良いことだよねとか言ってこっちばっかり被害者面して本当に申し訳なかったな、ごめんなさい

 

横アリ入って自分がどんな気持ちになるか全然想像つかないよー
これからもずっと好きでいる!ってみんなが思えるような、素晴らしいコンサートになりますように

 

誰も予想だにできぬラスト
光り輝くSnow Man

100年経ってどこかで会いましょう

最近は欅坂のねるちゃんの「100年待てば」をよく聞いています。「無理して何とかしてみても 疲れるだけだし」

あとはあいずわんのご機嫌サヨナラ。「嫌いになりたくない あなたを」

ほんとそれ。

 

あれから日が経つにつれ8〜9人で並んでる姿は見慣れてきた。そりゃ人間だから、見ていればそのうち慣れてくるに決まっている。

6人の平和な雰囲気が大好きだったけど、増員後の雰囲気だってそれはそれで良いものだと思う。お兄ちゃん感出してるの可愛いし。

新体制で載ってる雑誌もそれなりにチェックしてるし、YouTubeもアイランドTVもそれなりに楽しく見てる。

歌舞伎は正直悲しくて泣きながら観たシーンもたくさんあったけど、歌舞伎でメインを張ってる姿は本当にかっこよくて感動した。見られて良かった。

 

ただ、6人で成功してほしかった私の気持ちが追いつかない。6人で見られない景色なんてないと思ってた。思いたかった。というかファンが思わなくてどうするんだと思ってた。

私が大好きでずっと大切に思って売れて欲しくて時間もお金もかけてきたすのーまんが、増えた。「もっと売れるために」。

やっぱり悲しい。つらい。

これからもずっと応援するね!って言えない自分が嫌になる。こんなにずっと好きなのに、大好きな翔太くんが望むようなファンでいたいのに。

このまま無理して今までみたいに追いかけてたら、好きでいられなくなる気がする。それだけは絶対に嫌。

私は昔からすのーまんの足を引っ張るヲタクが嫌いです。足を引っ張るヲタクなんて、いないほうがマシどころかいなくていいと思う。このままじゃ自分がそうなってしまう。これも絶対嫌だ。

だから、見たいと思ったものだけを見て、行きたいと思ったものだけ行くことにする。

大切にしたいものを大切にする。

いや今までもそうしてきたけど、無理するのはやめる。

私1人いなくなったって何も変わらない、それはずっと思ってたけどこの1ヶ月でより実感したわ

今までみたいに心の底から、翔太くんのファンでよかった!大好き!すのーまん最高!って言える日が早く来ますように。

ずっと平和に穏やかに好きでいたかったな。

 

思い通り描け、君の未来

歌舞伎を観る前に言葉にしておきたかったこと。
 
私の大好きな6人組、Snow Manが、9人組になってしまった。
 
あの日の夜、NGTのまとめブログを読み終わってあー芸能界って大変だな、そろそろお風呂入らなきゃ、ツイッター見たら入ろ、…え?
最初に浮かんだのは、「無理」。それだけ。
 
知ってからは結局一睡もできなくて、ツイッター見ててもみんな結構起きてて、混乱したまま朝お風呂に入って、そこで初めて涙が出た。
なんで?どうして?翔太くんは悔しくないの?
12月に資料を見たとき+5Pにすごく嫌な予感はしたけど、でも今更すのが増えるなんてありえないし南座楽しみだしどうでもいいやってあんまり気にしてなかった。
晦日の阿部くんのブログ読んだときにちょっと心がザワッとしたけど、でもまあないでしょって高を括ってた。そう、括ってた。これがだめだったのかな。
 
あの日ほど出勤して偉いと思ったことない。
寝てないけど仕事に集中しないと思い出しちゃうからむしろいつもより捗ったよね。なんでだよ。
仕事終わってから阿部担の友達に会って、元気出すためにお肉食べようって焼肉行ったけど全然元気なんて出なかった。
あんなテンションもう二度と経験したくない…爆笑した次の瞬間に涙がこぼれたことあります?
 
たとえば2012年あたりのメディア干されてたときとか、今から3年後ぐらいに今と同じようなサイクルの1年を過ごしていたら増員されても仕方なかったかもしれない。
でも、去年は私が渡辺担になって以来一番楽しかった年で、夢だった横浜アリーナ、Snow Dreamっていう素敵な曲ももらったし、サマパラでもすのとすの担の絆が深まった気がしたし、秋には愛と青春キップ、キャッシュオンデリバリー 、ぬけまいる、6人それぞれが初めてのお仕事を経験して、早くまた6人揃った姿が見たいなと思った。
だから2019年はもっともっと楽しい年になると思ってたの。ここ何年間か、「楽しい」をずっと更新してたから。
次は何を見せてくれるんだろう?どこに連れて行ってくれるのかな?6人に見てほしい景色も見せてほしい景色もたくさんあるなあって。
それなのに、メンバーが増える。無理すぎる。
6人じゃだめだった?どこが?これから!ってとこまでやっと来たと思ったのに…これが遅すぎたのかな。そっか。
 
私は、最後はみんな一緒だよって思ってた。
最低なファンかもしれないけど、いつかもし終わりを迎えないといけないなら、6人のすのーまんとして終わりを迎えて欲しかった。
もちろん6人で売れて夢を叶えて成功して欲しかった。それは大前提。
だからこの増員がすのーまんの今後を考えた結果とか新しい風とか刺激とか言われてもしっくりこない。ごめんなさい。
ノイズなんか全部蹴散らして、マイク6本で壁を壊して、真っ直ぐ進んでいってほしかった。
もうガイズもスノドリも封印してほしい。
9人でなんて歌わないで。
 
このまま年を重ねて今みたいなお仕事ができなくなる日がきたらそのときはそのときだと思っていたけど、見て見ぬ振りをしてただけだったのかもしれない。
クロバットはいつまでもできるものじゃない。実際ケガだってたくさんしてる。
すのーまんがずっとずっと努力を重ねて進化し続けてくれてたから忘れかけてたのかも。
そのあたりもきっと6人は考えてたんだよね。そりゃそうだよね。大切な自分の人生だから。
自分勝手なヲタクでごめんなさい。
 
みすのがなくなったとき、6人がずっと一緒にいれますように、それが難しいならせめてだてなべだけは、って思ったの。
こんなことになってしまったけど、これはずっと叶い続けてる。
とにかく増える可能性なんて微塵も考えてなかった。
減ってしまうかなくなってしまうかの2択だった。
ここ何年か、もし翔太くんがいなくなっても生きていけるようにならなきゃって思ってた。
これからもいてくれるのに、もう生きていけない…って気持ちになるなんて想像してなかった。
そっちのパターンありですか?
 
結局私が一番悲しいのは、自分の思い通りにならなかったことなの。
「私が」大好きで大切で守りたくて時間もお金もかけてずっと応援してきたすのーまんが6人じゃだめ?え?ふざけないで?って感じ。
幸せになってほしいとか言っておいて結局それなの?って自分でも思う。
でもごめんね、趣味であって仕事じゃないの、だから主語は私なの。
だから別にいつ離れたって自由。
でも好きだから、大好きだからつらい。
 
あと私は翔太くんに少しでも幸せな気持ちになってほしくて、結構それを念頭に置いてヲタクしてきたの。気持ち悪いね!知ってる!
だからこれからも翔太くんが望むようなファンでいたいのに、いられないかもしれないっていう悲しさもある。だってこんなに好きなのに。
今までいろんなことがあって全部何だかんだで乗り越えてきてしまったけど、今までのことなんか全然大したことなかったな。
初日絶対入るつもりだったから、先月出した手紙に初日入りますって書いちゃったよ。
今まで翔太くんに嘘ついたことなかったのにな。嘘つかないって自分ルール決めてやってきたのにな。
 
今すぐ離れるとかそういう気持ちはないけど、6人が大好きで大切だった気持ちはまだ思い出にはできないからちょっと待って、置いていかないでって思う。
でもすのーまんに後ろを振り返る時間なんてなくて、前だけ見て進んでいくしかないと思う。
むしろそうであってくれないと困るし、私1人いなくなったところで何も変わらないから全然置いていってもらっていい。
私がすのだったら、いつまでもグダグダ文句言ってるファンなんていらないから。
今これ自分で打って悲しくなった笑
 
「受け入れる」ってなんなんだろうね。
どうなったら受け入れたことになるのかな。
さすがにもう事実として認識はした。
最初の1週間ぐらいは、朝起きたらドッキリでした!ってなってないかなって毎日期待してた。そんなわけないのに、いかにメンタルやられてたかって話です。
事実として認識はしたけど、でも9人のすのーまんを好きにならなきゃって思うのはやめた。つらすぎて無理。悪口は言わないから許して。
 
ここまで書いておいてなんですが、
やっぱり翔太くんたちが選んだ道が大正解だったねっていつかは明るく言いたい。その気持ちはある。
大好きな人たちの決断だから、肯定したい。
翔太くん、みやちゃん、ひーくん、ふっか、さくちゃん、阿部くん。
すのーまんの未来は明るいに決まってる。そう信じて応援してきた。
大好きな人がこれからも好きでいてほしいって言ってくれてるんだから、そうするしかない。
渡辺担はちょろい。
ていうか、これからもよろしくねとかは今まで何回も言われたけど好きでいてほしいなんて言われたことない。
きっとこの言葉を書くのには思い切りが必要だったと思う。みんな俺のこと好きなんでしょ?ってスタンスの人だから。いや分かんないけど。
その気持ちを大切にしなくてどうする?
これから先、翔太くんが新しい景色を見るときにはずっと一緒に戦ってきた5人がそばにいてくれる。6人で同じ景色を見られる。
私もその場にいられたら嬉しいな。
見てほしい景色も見たい景色もまだまだたくさんある。
 
良い終わり方がわからないので最近心の支えにしている歌詞で終わります。
 
「過去がどんな眩しくても、未来はもっと眩しいかもしれない」
 
Snow Manの未来は明るいに決まっている。

2018年のまとめ

今年はもう本当にずーーーっと楽しかった、嫌なことなんてひとつもなかった。
いやないことはなかったと思うけど特に思い出せないからそれほどだったんだと思う笑

なんか昔はね、楽しい公演があるたびにこれ以上楽しいことあるのかなーって思ったり、これ以上なんてきっとないからこのままヲタクやめたいとか思ってたの。

でも横アリのステージに6人だけで立ってる姿を見て、これ以上の幸せがこれから先絶対にあるって初めて思えたんだよ〜
アンコールのときかな?ひーくんが「絶対またここでやりたいから力を貸してください」って言ったのね、うん絶対またやろうね、絶対できるよって素直に思ったんだよね!
それまではリアルに最初で最後かもしれないなって思ってたから…
未来を楽しみに思えるようになったから最近あんまりロスらなくなったのかもしれない!
全部楽しくて幸せな思い出としてしまっておけるようになった気がする♡


☆ハピアイ
2幕最高だった。これに尽きる。
ブギキャゾッコンABCの冒頭3曲は言わずもがな、まいったネ今夜を踊る翔太くんが最高にかっこよくて大好きだった!

☆祭り合同
城ホ初日にバクステ正面の席だったんだけど、ばにしんで中央の花道をダッシュしてくる姿を見て泣いた(T_T)
あとスタトロ!!見たかった景色がまたひとつ見られた公演でした。

☆祭り単独
幸せすぎてずっとふわふわしてた。次の日起きてホテルの窓から横アリ見て、夢だったのかな?夢じゃないよね?って話すぐらい笑
翔太くんが「あの日生まれ変わったのかも」って言ってくれたのが本当に嬉しかったし、わたしもこの日から渡辺担第3章に入った気がしてる〜
ちなみに第2章の始まりは、いろいろあった2年前の夏が終わってから考えて、もう全部許して全部肯定しようって決めたとき笑

☆歌舞伎
演舞場も御園座もすごく楽しかった!
6/26も入れたし!御園座のきんつばおいしかったなあ〜
創作歌舞伎が眩しくて大好きでいつも泣いてたんだけど、メイキングで滝様が「なぜか分からないけど泣けるような美しさ」って言っててわたしめちゃめちゃ良い観客!って思った笑
でもまさか滝様のズッズッパーン!をもう二度と見られなくなるなんて思ってもなかった…

☆ラストホールド
初日初回舞台挨拶もライビュも応援上映も楽しかった〜!
ただ初日と2日目の早起きはつらかった笑
応援上映で桃田くんがアップになるたびにキャーーー!ってなるの最高だったよね…あと中道くんの「似合うと思うよ?」の前の\くるよくるよ〜…きたーーー!!/wwww

☆サマパラ
ゆきおと翔太くんに翻弄された夏。「俺たちのこと甘く見ないで欲しいよね」と「よく言った!!」に泣いた夏。

☆少年たち
初日の客席登場で隣にふっかが座ってきて大パニックになって始まった9月。笑
GC扉ガチャもいい感じに引きが良くて楽しかった!1回だけ上手に出てきたときにたまたま上手に座ってたの運命かと思ったよね〜笑

☆愛と青春キップ
とてもとても良い思い出!
初外部はもう二度とないからってちょっと暴走したけど後悔なんて一切ない。初日ぴったり定時で上がって有楽町に向かってるときに山手線からルミネが見えたんだけど、見慣れた風景を見てあんなに緊張したの初めてだし、あんなに思いつめた顔で有楽町歩いたことないわ笑
今まで見たことない表情、見たことないダンス、聞いたことのない歌声、本当に本当に幸せだった。渡辺担でいられてよかった。
千秋楽のカテコのとき、心が震えるってこういうことかって初めて思ったんだよね
こんなこと人生で何度もあることじゃないと思うから、もう本当に翔太くんありがとうって気持ち!


今年は翔太くんが自分の顔の良さをしっかりアピールしてくれたから笑、ヲタクしててめちゃくちゃ楽しかった!!
ずっと夢だった横アリ単独に初外部主演舞台にまさかのYouTube、初めてのことがたくさんでもう何もかもが楽しくて幸せだったなあ
1年間いろいろあったけど、すのーまんが選んだ道が大正解だったねって言えるように変わらず応援していきたいなって思う!
すのーまんのみなさま今年もたくさんありがとう♡
来年もどうぞよろしくお願いします♡

2017年のまとめ

アイランド4、Jr.祭り5、歌舞伎7、クリエ4、サマパラ2、キントレ単独6、キントレ合同2、少年たち日生3、少年たちLIVE4、少年たち松竹2、嵐1、湾岸1で合計41!

今年はアイランドから湾岸までずっと楽しかったけど、何よりもお誕生日をお祝いできたのが本当に本当に幸せだった〜!
幸せすぎて判断力が低下して、終演後に道頓堀徘徊したよね。わたしはなんばの高島屋に行きたかったのに。しかも歩きすぎて疲れたなって思って入ったのがスタバ。どこにでもあるじゃんっていうね。笑
あの公演は一生忘れたくないな〜青い光の海!

あと夏も最高だったな♡単独はやっぱり楽しい。去年より場所取るのも上手くなったし、六本木にも慣れたし笑
それから少年たちLIVEね!
まさか地方公演ができると思ってなかった。1シーズンで3年分ぐらい遠征したと思う笑
あとまさかのサマパラも超楽しかったし、歌舞伎もクリエも全部全部楽しかった!!

今まで結構初日と楽にこだわってたけど、少年たちの楽入るのやめたし湾岸も1回だけにしたの。でも入らなかったら入らなかったで全然大丈夫だった。
昔はなべちゃんが遠征してるのに自分がそこに行けないときは、なべちゃんがいない東京なんて意味ないとか思ったりもしてたんだけど笑
なんかやっぱり夏で燃え尽きたんだわ。やっと満足できた。
今までどんなに楽しい公演を見てもたぶん心の底からは満足できてなくて、だからヲタクやめられないみたいな感じだったんだけど、サマパラとキントレが最高だったんだよね☺︎
お誕生日もお祝いできたし!
まあそうは言っても来年もヲタ卒は無理そうだけど笑、でも今年に引き続き、無理せず病まず楽しくなべちゃんを見ていられるといいな。
すのーまんのみなさま今年もたくさんありがとう♡
2018年もよろしくね!

25♡

お誕生日公演、本当に本当に心の底から感動した。こんなに幸せな公演があるものなのね。やっぱりまだまだ知らない景色、知らないことはたくさんある。


OPの煽りが始まって、幕が上がって、なべちゃんが客席を見てニヤニヤというかなんか何とも言えない顔をしてて。
だって青い光の海なの。体感的には75%ぐらい青で、お立ち台の周りなんてもう本当に青しかなくて(笑)
やばい気まずい!って普通にしゃべっちゃうところもだいすき♡
ばっぼいのファンサタイムでも、青だらけだからもうどこ見ていいか分かんないみたいでぺこぺこしたり手合わせたりしててその時点でもう愛しさが爆発よね。好き。

お祝いするならここでしょ?って思ってたお風呂シーンと桶ダンスも普通に終わって、2幕が始まって気づいたら本編も終わって。
じゃあもうカテコでちょっとジェシーかひーくんが触れてくれるだけで終わるのかな、お祝いできないの残念だけど内容が内容だし、25歳のお誕生日に姿を見れただけで幸せだからいっかって思って。本人嬉しそうだし。
ショータイムが始まって、まあ当たり前にかっこいいですよね。顔が。
お祝いできないの残念だなって気持ちもさ、エピローグ立ち位置ドンピだったからもうそれどころじゃない。顔がかっこよくて大変。笑
で、いつも通りエピローグが終わったらうぃるびーの立ち位置行くために後ろ向くじゃん。
そしたら後ろのほうからきゃーーー!!って歓声が聞こえてきて、残念なことにもうそこからあんまり記憶がないんだけど笑
なべちゃんの背中越しにすとが立派なケーキを運んできたのが見えて、なべちゃんもケーキに気づいてしばらく固まってて、振り返ったら口元覆って嬉しそうな顔してて…
はっぴーばーすでーが流れ始めて、大体もにょもにょしちゃうはっぴばーすでーでぃーあしょーたー♫が綺麗に揃って、翔太ろうそく消しなよ!ってふっかが仕切ってくれて、拍手と歓声のまんなかになべちゃんが立ってて。
お祝いとかない感じかなーでもせめて誰かほっこりワードで言ってくれるだろうと思ったのにひかるが「露天風呂!」とか言うし、青ペンラ持ってくれてるみんなごめんねって思った!って、ヲタクと同じところで同じこと思ってるのかわいすぎるし、みんなごめんねって本当に優しくて良い子でだいすき!自分のお誕生日なのにわたしたちのこと気遣ってくれるなんてなんて優しいの?

で、ふっかが袖からプレゼントを持ってきて(細長い段ボール箱)、ひーくんの「泣くなよ泣くなよ〜?」って声が聞こえてきて、樹の「しょっぴー以外下がってお客さんに見せてあげて!」って声も聞こえて(優しい)、何かと思ったら寄せ書きライフル。
ライフル選ぶのすっごい男の子感あるよねかわいい(笑)
せっかくだから投げてみなよーってなって、もちろん華麗にキャッチしてきゃーーー♡ってなって(渡辺担は甘い)ドヤ顔してるのがすっごくかわいかった。
そんな渡辺さんの25歳の目標「人に迷惑をかけない!」「まだまだおこちゃまなところがあって…すぐ態度に出ちゃったりするのでそこを直したい」「これからも応援よろしくお願いします」
すぐ態度に出ちゃったり、で笑える渡辺担の甘さと余裕を誰か褒めてほしい。笑
すぐ態度に出ちゃうところもだいすきだよ!
このあとに「まだ1曲残ってるじゃん!」って言ってたけど、自分が主役なのに進行と時間を気にするところも好き。そこは周りが見ててくれるから大丈夫だよ。
ふっかにセンター行きなよって言われても恥ずかしい…ってずっと下手にいたのも、なんかわりとずっとふっかのほう見てたのもかわいいよね〜そういうときに頼るのはやっぱりふっか☺︎
で、仕切り直し!ってなって各自エピローグ終わりの立ち位置についたんだけど、そこで目頭押さえるのずるくないーーーー!?
ジェシーが喋ってる間、下手奥の立ち位置にいってからも顔覆ったりしてて、隣の高地とか阿部くんによしよしされてて(T_T)(T_T)ハア(T_T)(T_T)
そしたらジェシーが「翔太くん、本当にお誕生日おめでとうございます」って言ってくれて、奥でぺこぺこしてたんだけどちゃんとライト当ててくれたんだよ(T_T)(T_T)
曲が終わって三方礼のとき、いつもより深々と長い時間礼してたんだけどそれもずるいよね。こういうときにそういうことするのずるい。好き。だっていつも手は背中側なのにこの日はちゃんと前にしてて…( ;  ; )
最後の最後幕が下りる前にジェシーがなべちゃんをセンターに連れてってくれて、ひーくんとジェシーに挟まれて両手振りながら「ありがとー!」って( ;  ; )
幕が下りても5分ぐらいずっと拍手が鳴りやまなかったんだけどなべちゃんにも聞こえてたかな☺︎

18歳のお祝いをしたときは当時Jr.に興味を持ったばっかりだったから、お誕生日の日にコンサートがあるのにこんなにケーキ小さいんだ…ってちょっとショックだったの。いま思えばバックなのにお祝いの時間を設けてもらうだけですごいことなんだけど。
それから7年経って25歳のお誕生日、主演舞台で青い光の海の中であんなに大きくて立派なケーキのろうそくを吹き消す姿を見られるなんてね、すごいことだよね。
主演舞台でお祝いができるってすごいんだよ。
翔太くんはあのころから今に至るまでずっとかっこよくてかわいくて、そんな姿を見てこられて本当に幸せだったなと思って。
むかつくことも悲しいこともたくさんあったけど、でも7年間ずっと楽しかった☺︎
これからも世界一かっこよくてかわいいスーパーアイドルでいてね。
翔太くんが誰よりも幸せな人生を送れますように。これから先もずっとだいすきだよ。
お誕生日おめでとう!!

君がいれば明日もきっと

少年たちLIVEを終えて。

なんというかとにかく観られてよかった。これに尽きる。
Jr.だけで地方を回るって本当に本当にすごいことで、いろいろありつつ無事にお休みも取れて、本人たちも合間に観光したりのびのび楽しそうで、もちろん見てるこっちも楽しくて、夢みたいな公演でした。見たことない綺麗な景色ってまだまだあるのね。銀テ嬉しかったな。
あと地方公演だから自己紹介のときに「○○の皆さん初めまして!」って言うのがすごく新鮮だったな〜


姫路終わってから思ったのが、なんか柔らかく笑うようになったなって。
どんな心境の変化があったかは知らないし、何もないのかもしれないけど、ずっとああいう風に優しく笑っていられるアイドル人生だといいな。
最近はね、お願いだからこれから先ずっと幸せな人生を送ってねって思う!笑
なべちゃんの幸せが何かはわからないけどね、切ないね笑


でもなんかこうやってヲタクって終わりを迎えていくんだって思う…
達成感?見届けた感?が最近すごい。
初単独クリエのあとに周りの友達とか知り合いがわりとごっそり降りて、ヲタクやめるならあのときだったなとかちょっと思ってたんだけど、それは今なのかなとかね。
とにかく今年の夏が楽しすぎたの。ずっと超えられなかった滝ソロの夏よりも。
あれよりも楽しいことはこれから先もきっとあるだろうけどね!
まあこんなこと言いつつ公演のたびにフォト買ってるし湾岸も行くし島も申し込んだけど。
でも25歳のお誕生日って良い区切りだと思うし、18から25まで見てたらもう十分では?みたいな。笑
今更嫌いになる理由なんかないしこれからもずっと好きでいる自信あるし、降りたい人がいるわけでもないけど、とりあえず一区切り、の予定!笑